【aocapコラム】Salesforce、Tableauを157億ドルで買収

投稿者: KEN COACH 投稿日:

 なんとなくTwitterを眺めていると、SalesforceがTableauを買収、というツイートが飛び込んできた。

 衝撃を受けつつも「やっぱりな」という思いも抱きながら、Salesforceのプレスリリースを確認してみると本当に買収するらしい。

 タイトルも”Signs definitive agreement to Acquire Tableau”となっており、最終合意(definitive agreement)したのだということが明示されている。

 買収スキームとしては株式交換で、Tableauの各A種類株式およびB種類株式1株につきSalesforce普通株式1.103株との交換となるようだ。買収対価の時価評価は実に157億ドルと、ドル108円で換算すると1兆7,000億円にも上る。この価格ならば、単元未満株の部分につき現金で処理する分を除き、Tableauの株主には税金がかからないということのようだ(tax free)。

 この買収により、Salesforceの年間売上高は3億5,000万ドル〜4億ドル上乗せされ、対前年度比で24〜25%の増加になるようだ。

 Tableauは非常に直感的にデータを可視化することが可能なソフトで、Excelよりも遙かに簡単にわかりやすいグラフを作成することができる。しかもデータと連係しているので、元のデータを変えればそれに応じて同じフォーマットのグラフをそのまま出力させることができる。また複数のグラフを並べてダッシュボードとして表示することもでき、作成したダッシュボードをチームのメンバーと共有することも簡単で、データドリブンな意思決定をチームに根付かせるには必要不可欠なソフトといえる。

 同プレスリリースの中でも触れられているが、ワールドワイドで企業がデジタルトランスフォーメーションに投資する金額は2022年には1.8兆ドルに達するという(IDC調査)から、Salesforceはいい買い物をしたと思う。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。