新井信昭「iPod特許侵害訴訟 アップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家」

投稿者: KEN COACH 投稿日:

 クイックホイールを発明した齋藤憲彦氏が、iPodがその特許を侵害しているとしてアップルと争い、3.3億円を勝ち取るまでの経緯を詳細に追ったノンフィクションである。「3.3億円を勝ち取った」と聞くと一見大勝利に見えるかもしれないが、そこに至るまでの経緯が丁寧に記された本書を読むとまったくそうではないことがわかる。

 まず特許を申請するだけでも大変だ。アイデアを特許として登録するためには、特許庁にその新規性を認めてもらう必要がある。

 しかし、どんな素晴らしい発明であってもそれについていったん知ってしまうとそのすごさ・新しさがわからなくなるという認知的なバイアスがある。たとえばスマートフォンが当たり前になった現代ではその発明のすごさがわからないだろう(訴訟の相手方であるアップルの例は適切ではないかもしれないが)。何かがすでに既知のことになってしまうと、「そんなの誰でも思いつくよ」と思ってしまうのである。

 特許庁の審査官は、当然完成されてパッケージされ出願書類にまとめられた形で発明のアイデアに触れる。そのアイデアにたどり着くまでの困難が、完成された形で書類で見る審査官にはわかりづらいのである。これは構造的なもので、いかんともし難い部分もあるのだが、このために大部分の特許出願に対して「拒絶通知」が発せられ、それに対して反論する形で発明者は自身の発明の新規性を主張していくことになる。これがまた大変な作業なのであるが、詳細は同著を読んでいただきたい。本件の出願では2度に渡り拒絶通知が発せられ、当初は拒絶査定されるも分割出願により再度出願する。そのたびに印紙代・弁理士費用がかさんでいく。

 さらに実際に裁判になるとこれまた費用がかかる。

 実は齋藤氏の特許が成立するよりも以前にアップルと交渉は始まっていたのだが決裂し、特許が登録された段階でアップルが、齋藤氏は特許の侵害に基づく損害賠償請求権を有さないという債務不存在確認訴訟を提起することで始まった。これに反訴する形で損害賠償請求をしたが、その際の請求額は1億円であった。なぜ100億とか500億とかにしないのか?といえば、それは同書を読んでいただきたい。個人が発明をして特許を取ったとしても、極論すればそれだけでは何の意味もないということがよくわかる事例である。

 8年もかけて特許の登録にこぎつけ(それも本当にとれるかどうか不確定な状態で、新規性=自分のアイデアを否定されながらの8年だ)、いまやGAFAといわれる四大企業の一角を占めるようになった超大企業のアップルを相手に裁判を闘って3.3億円ではなんとも割に合わないと思う。本人と弁護士も「実質的には敗訴だ」という旨を述べている。事案の経過としてはなんとも歯がゆい思いをさせられるが、それを描写する筆は闊達で、複雑な特許・裁判にかかる実務的プロセスが非常に読みやすく描かれている。

 これからの時代のビジネスは知的財産なくしては成立しない。あらゆるビジネスマンが必読の一冊だろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。