ゴーンだって逃げた。イヤなら逃げろ!カネ貯めろ!

投稿者: 矢野博(Hiroshi Yano) 投稿日:

ゴーンの不意打ち出国

 みなさんあけましておめでとうございます。無職の32歳、矢野博(やのひろし)です。正月早々慌ただしい感じがいたします。

 年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 私は普段と変わらず無職な日々を送っておりました。

 さて去年(とはいっても昨日ですが)2019年は大晦日にも拘わらず大ニュースでしたね。

 カルロス・ゴーン被告がレバノンに無断で出国したんですから!!


 今日の日経新聞の記事によれば、楽器箱に隠れて日本を出国したとのこと。

 その後に出した声明では「不公正さと政治的な迫害から解き放たれた」と述べているとおり、カルロス・ゴーンくらいの大物でも「イヤなら逃げる」というのを実践したという感じですね〜。

 私は無職ですが、普段会社員として働いている皆さんもクソ仕事クソ上司などに日々辟易されていることと思います。お疲れ様です。

 新卒で入った会社を1ヶ月で辞め、その後ふらふら無職をやっている私からすれば、過労死したりうつ病になったりするくらいなら仕事辞めればいいのに、つまり「死ぬほどイヤなら逃げればいいのに」と思いますが、なかなかそうもいかないのが現実でしょう。

 カルロス・ゴーン氏も、もともとは逮捕されて拘留されていたわけですから、いきなりレバノンに逃げることができたわけではありません。

 まずは保釈金として15億円支払い保釈され、それを没収されるのと引き換えに無断出国に踏み切ったということのようです。

 ふつうのサラリーマンは15億もありませんよね。私も当然ありません。

 じゃあふつうのサラリーマンは仕事から逃げられないのか?

 じつはそういうことでもありません。


 カルロス・ゴーンの場合は逮捕されたので15億円が必要だったということで、ふつうのサラリーマンのあなたがイヤな仕事から逃げるのに15億も必要ありません

 次の仕事が見つかるまでの間、生活していけるだけのお金があればいいんです。

 要は、「イヤなことから逃げるのにもカネが必要で、その額は人により違う」ということです。

 ゴーンだって逃げるのだから、ふつうのサラリーマンのあなたが逃げてダメだということはありえません。

じゃあどうするのか?FXでしょ!

では、どのようにお金を増やせば良いのか?

 私がもし仕事を辞めたいサラリーマンで、辞めるためのカネをためるとしたらFXで増やすということを考えると思います。

 なぜなら、FXなら、スマホだけですべてのトレードが完結するからです。

 さらに少額からでも取引が開始でき、24時間いつでも取引することができます。

 つまり、今の仕事を続けながらでもお金を増やすチャンスがあるということなのです。

 もちろん、損失が出てしまうリスクもあります。そこは自己責任でやっていただく必要がありますが、それでも何もしないよりは、将来に希望を持って日々を送ることができるようになるはずです。

 まずは口座開設、してみてはいかがでしょうか。


 今年もよろしくお願いいたします。

Twitterフォローもよろしくお願いします☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。