退職代行超繁盛?御用始めに仕事を辞めたいひとびと☆スキルなけりゃ同じことの繰り返しよな

投稿者: 矢野博(Hiroshi Yano) 投稿日:

 みなさんこんにちは。無職の32歳、矢野博(やのひろし)です。

 今日1月6日は東証の大発会でもありますが、数日前には「退職代行」サービスや予約殺到であると伝えるこんな記事がありました。

「仕事はじめとなる1月6日の予約が殺到しており、ほぼ満杯。弁護士を増員して対応する予定です。特に『新年始業の8時~9時台に連絡してほしい』という依頼が多いですね。『新年には生まれ変わりたい!』ということでしょうか。10分単位で予約が埋まっている状況です」

https://news.livedoor.com/article/detail/17616848/ より

 しばらく前から何かと話題になっていた「退職代行」。

 会社を辞めたい人は山ほどいるでしょうが、その理由としては意味不明な儀式やバカな同僚・上司にもう付き合ってられない!という人が多いでしょう。

 あまりにイヤすぎて、「辞める」ということを面と向かって言うことすらイヤだというのはなんとなくわかります。陰口とか言われたり、そもそも「辞める」と言った時点で詰められたりする心配があるでしょう。

 そういうときに、代わりに退職を申し入れてくれる人がいるとするとありがたいですよね。

 年明けを機に、イヤな会社をすっぱり辞めようということで、退職代行サービスが大繁盛しているようですね。

 でも、首尾よく退職できたとしても、その後再就職はどうなのでしょうか?

 いまは人手不足なので新しい職場に入りやすいとはいえ、確実に転職できるわけではありません。その上、新しい職場でもまた人間関係などで失敗してしまうリスクは常につきまとうでしょう。

 そのような心配から解き放たれ、職場がイヤならすぐに辞めることができるようにするためには、企業が求めるスキルを持っている必要があります。

 いまの仕事に就いていれば、それなりに収入は得られるわけですから、そのうちに次の仕事のためのスキルアップをしておく必要があるでしょう。

 じゃあどんなスキルを身につければいいのか?ということになってきますよね。

 私はこれからも企業のデジタル化はどんどん進んでいくため、エンジニアのスキルを持った人を会社はどんどん欲しがるようになると考えています。

 実際に非常に需要があるため、未経験からでもエンジニアとして転職する人が増えてきています

 そのような転職を成功させる人の特徴は、きちんとスクールに通って、プロから教わるという方法を取っているということです。

 独学ではなかなかモチベーションが保てなかったり、わからなくなって行き詰まってしまうことも多いでしょう。

 スクールでは講師に励ましてもらいながら学習でき、わからないことはすぐに質問することができます。

 さらに最近では転職支援も行っているところが多いですし、企業で実際に求められるスキルを実践的に学べるようになっています。

 さらに相談するだけなら無料!ということがほとんどです。

 まずは情報収集するのが一番でしょう。それも、ネットの情報だけではなく自ら足を運んで、人に会って集める情報が一番有益です

 イヤな会社で埋もれていくか、スキルを身につけて好きな職場で働くか。すべてはあなた次第です。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。