プログラミングで挫折しないためのコツは○○!!

投稿者: 矢野博(Hiroshi Yano) 投稿日:

みなさんこんにちは。無職の32歳、矢野博(やのひろし)です。


 今日はセンター試験の二日目ということで、受験生のみなさんもお疲れさまです。このブログを読んでくださっている方は受験生は少ないかもしれませんが。

 実はいまの形式のセンター試験は今回で最後ということで、2020年度からは「大学入学共通テスト」に移行するそうです。

 さらに小学校でもプログラミングが必修科目となるなど、大きく教育のシステムも変わっていく時代になってきています。

プログラミングって何をするの?

 このブログの読者の皆さんもなんとなくプログラミングに興味はあるが、なにから始めればいいのかわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。

 プログラミングはとにかくコードを書いていく作業で、一文字でもプログラムの記述を間違えると動きません。「自分の書いたコードのエラーを直す」ことがプログラミングであるといっても良いくらい、エラーを探して潰すことが学習の中心になっていきます。

 しかし、ベテランのプログラマーならともかく、学習を始めたばかりで自分のコードの「あら探し」みたいなことをやり続けるのはモチベーションを維持するのが難しいでしょう。

 そのようなときには、詳しい人に聞きながら学習を進めるというのが一番です。

 学習を始めたばかりのタイミングでは、どういうことがすぐ解決できる問題で、どういうことが手間のかかる問題なのかといったことすらわかりません。「すぐ解決できる小さな問題」にこだわって延々と悩み続けるのは時間の無駄です。そういうことはさっさと人に聞いたほうがいい。

 というわけで、プログラミングに挫折しないためのコツは、「詳しい人に聞ける環境に身を置く」ということです。

 でも、いきなりIT企業にプログラマとして就職すればいいかといえばそういうわけにもいきません。そもそも採用してもらえないでしょう。

 そこで私がお薦めするのが、プログラミングスクールに通うことです。

 プログラミングスクールに通うのがよいのはなぜかといえば、まさに「詳しい人に聞ける環境」だからです。

 最近ではただプログラミングを教えてもらえるだけでなく、転職支援までサポートしてくれるスクールも増えてきています。

 たとえばTECH::EXPERTでは、企業の現場ですぐに役立つスキルを集中して学ぶことができる上に、講師になんでも質問することができます。

 その上専属のコーチがつき、学習スケジュールの管理やモチベーションの維持、悩みの相談にも乗ってくれるというスクールなのです。

 受講を決める前にカウンセリングを受けることができ、もちろん無料で様々な疑問に答えてくれます


 プログラミングに興味があるけどをすればいいかわからない・・・挫折しそうで不安・・・だという方は、まずはカウンセリングから受けてみてはいかがでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。