職務経歴書の書き方 その1 基本的な考え方

投稿者: aoyamacapital 投稿日:

 みなさんこんにちは。Aoyama Capitalの佐藤です。


 今回は、「職務経歴書の書き方 その1 基本的な考え方」ということで解説していきます。


 転職をする上で避けては通れない関門の一つが職務経歴書です。


 新卒の就活とは異なり、転職ではこれまでどういう仕事をしてどのようなスキルを身につけてきたのか、さらにそれが新しい会社でどのように活かせるのかということが問われます。


 それに答えるための書類が職務経歴書です。


 これから数回にわたり、職務経歴書の書き方のヒントを記事にしていこうと思います。   

 さて、職務経歴書を作成する際の基本的な考え方は「自分をよく見せようと背伸びしない」ということです。


 その理由は3つあります。


①背伸びすると結局「なにも書けない」という状態に陥ってしまうから

②いま現在の自分自身をよく知ることになるから

③面接に進んだ際に、自然体で話せるようになるから

 それでは、一つ一つ見ていきましょう。


①背伸びすると結局「なにも書けない」という状態に陥ってしまうから


 採用面接に臨む以上、誰もが「自分をよく見せたい」と思うでしょう。その気持ちはよくわかります。


 しかし、あまりに「素晴らしい自分」のイメージを先行させてしまうと、「自分が実際にやってきたことは、全然大したことがないんじゃないか?」と考えてしまい、職務経歴書が書けないという事態に陥りがちです。


 理想や目標を高く掲げる人ほど、こうした状態に陥りがちな傾向があります。  

 企業が知りたがっているのは、「あなたがどういう人で、どういう姿勢で仕事に臨むのか」ということです。


 あなたがやってきたことがどんなことであれ、事実として何をやったのか、あるいは仕事に対してどのように臨んできたのかということを率直に書き出してみることが大切です。

②いま現在の自分自身をよく知ることになるから


 自分自身をよく見せるために背伸びせずに、自分がこれまでやってきたことに率直に向き合うことは、そのままいま現在の自分自身をよく知ることになります。


 その過程で「自分はこれをやってるときに楽しいと感じたな」や、「自分は長い時間をこれに費やしてきたけど、実はあまり好きではないな」ということに気づきます。


 そこから「将来自分はこうしていきたい」とか「次はこういうことに挑戦していきたい」という方向に考えを発展させていくことができるようになります。


 そして、その挑戦や願望を実現するための手段として転職をするのだ、という考えに至れば半分合格したようなものです。

③面接に進んだ際に、自然体で話せるようになるから  

 職務経歴書を提出して、書類選考をパスすれば面接に進むことになります。


 自分をよく見せようと偽った職務経歴書を作成してしまっていると、面接で「自分の言っていることは、書類と違っていないか?」ということばかりが気になります。


 結果として、自然な流れで会話を進めることができなくなり、信頼できない印象を面接官に与えてしまうことになります。


 これでは、どんなに良い内容を話したとしても採用には至らないでしょう。
 一方、自分自身の過去に率直に向き合って職務経歴書を作成していれば、とくに意識せずとも書類の内容と話している内容の間にブレが生じなくなります。


 転職は書類選考を通過して終わりではありません。書類選考後の面接にも自信を持って臨めるように、書類作成の段階から背伸びせずにしっかりと自分自身と向き合うようにしましょう。 

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。